Ⅰ.足回り

 車両も古くなってくると車体や足回りなど各部からガタやきしみなどの音が出てきます。
 長年ハードに使用された車体や事故などによるダメージを受けた車両はボディのリフレッシュが必要ですが、
 ここでは経年劣化により比較的異音の出易い部位を紹介します。

  1.リアロアアームピロ、トーロッドガタ
 FD3Sは優れたハンドリングを得る為、純正で足回りにピロボールが採用されています。
ゴムブッシュと違いピロボールは入力に対し、たわみやよじれを起こさない為ダイレクトでレスポンスの良いハンドリングが可能になります。
しかし経年劣化によりボール部痩せてしまうとピロボールの良さを発揮できないばかりか異音、 ハンドリングがふらつくなどの症状が出始めます。
 発進時や車両が止まる瞬間、リア周りから「コトッ」と音出て無いですか?
 症状がひどくなる前に修理、対策をしましょう。

  作業の目安 : ¥64,000-(ロアアームASSY交換・片側のみ)
  推奨同時作業:トーロッド交換、アライメント調整、ハブベアリング交換、他