Ⅱ.PPF亀裂、割れ

ミッションマウントを持たないFD3Sはミッションとデフをパワープラントフレーム(PPF)で繋いでいます。
 その為、PPFには大きな負荷が掛かっています。
 サーキットなどのハードな走行を行ったり、チューニングにより馬力を上げている車両は特に注意が必要です。

 1.PPF亀裂、割れ
  急加速、原則時にシフトノブが暴れたり、ギア抜けすることは無いですか??
  長年のしようによりPPFに亀裂や割れが発生するとエンジンの入出力に合せてPPFが動き異音や操作性の悪化を招きます。
  オートクラフトでは、ハードユーザーに向けた強化品も発売しています。
  純正ベースの車両でも強化品を装着することでトラブルを予防することができます。

  作業の目安 : ¥46,000-(強化PPF使用)
  推奨同時作業:MTミッドオイルシール、デフフランジオイルシールの交換、触媒、マフラー交換