ECU Setting

ランエボ10 GTⅡ8262 セッティング

今回はランエボ10のセッティングですが、あまりランエボのイメージが無いw と思う人も多いでしょうがECUセッティングでは、実はレシプロのセッティング依頼の方がほとんどなんです。



エンジンも弊社にて製作、仕様は…

エンジン
HKS  2.2キット&メタルガスケット
JUN 強化メインボルト&ヘッドボルト
TOMEI 1mmオーバーサイズバルブ&バルブガイド&バルブシート&強化バルブスプリング&チタンリテーナー&IN/EX 270カムシャフト

フューエル
HKS  800cc インジェクター&260h/lフューエルポンプ

タービン&ブーストコントロール
HKS GTⅡ8262タービン
TRUST プロフェック &MAP

吸排気
HKS サクションキット&スーパーターボマフラー

まぁ個人的な欲を言えば、エンジンスペックからいけば、もっと違う大きいタービンを付けたかったのですが、ユーザー要望などでこのような仕様でのセッティングとなりました。



この仕様だとノーマルのエアフロ流量だと430馬力付近で一杯なので、エアフロ部分を約80mmに変更すると540馬力位までは使える計算。
ダイナで廻しているとブースト1.7KPAまでは特に問題なくセッティングもサクサク進んだのですが、1.8KPAから4000rpm付近で不安定な症状が出ました。(写真参照)



カムのオーバラップなのか、この排気量でのタービンとのマッチングもしくはサージングしているのかと悩んでると症状が出たり出なかったり…。とまた症状が出たり出なかったりと一定で無いので原因の特定までは時間の都合と現状パワーもトルクもきっちり出ているので、 まずはこれでセッティング終了し、後日また預かることにしました。失火かもしれないので点火系も要チェックですね。



結果ブースト1.8KPA時 490.6hp 623Nm
      1.35KPA時 436.6hp 534Nm

この排気量でこのタービンを使えば、インターセプトも低い回転数から取れるのでかなりピックアップもよくサーキットでも面白いですよね。でも本音を言えばHKS使うならGT3240使ってたら上も、もっと伸びたでしょうね(笑)

86 SARDタービンキット セッティング

今回の86のセッティングは北京店から エンジン本体の強化を施し、サード製のEFRタービンキットでのセッティングをしました。 エンジンを組んで慣らしをしてもらい今回セッティングですが、気温37.3℃ 気圧1004bar 湿度32.5%とかなり暑い中での条件でしたが ブースト圧はピーク1.58kgmで上の回転領域ではアクチュエータの容量からどうしてもタレが発生するので後半は1.21kgmまで落ちますが結果は 403.05PS/6517rpm 525.38Nm/3920rpm セッティング中ECUTEKのレースロム バージョン9と中国版の最新バージョンのロムの相性が悪いのか、プレッシャーセンサー側で読み取る領域になると急に燃料が一瞬噴かない謎のトラブルがあり、色々試したけど結局レースロム バージョン7にするとあっけなく解決 仕様は ブロック強化&鍛造ピストン&コンロッド450cc inj&フューエルポンプ 265cc HKS レーシングプラグ SARD タービンキット TRUST プロフェック TRUST オイルクーラー HPI アルミラジエター A.C.E+ 70φビッグスロットル A.C.E+  GTスポーツマフラー ATS カーボンツインクラッチ

RX-8 後期セッティング

セッティングするには人間にも車にも厳しい時期ではありますが、今回中々の良い結果がでましたね。

 

車輌の仕様は 純正交換タイプ エアクリーナー (A.C.E+)エキゾーストマニホールド(サード)メタルキャタライザー (A.C.E+)プレミアムスポーツマフラー と弊社商品をメインに使用して頂いたよくある吸排気のみの仕様

 

結果は212.26PS   19.0kg&/m 気温35.8℃  気圧1012.79mbar   湿度41.4%

エンジンの熱があまり入っていない時なら216PS の20kg/mとなり、逆に水温がかなり上がると…。 エイトのエンジンは特に熱の入りでかなりパワー&トルクに差が出るエンジンで有名ですが、今回後期ノーマルエンジンでそこそこパワーが出た方ですね。

走行距離も4万キロ以内でコンプレッションも標準数値での今回の結果です。 ちなみに弊社ではセッティング前には必ずエンジンコンプレッションチェックを行います。 Nさま、これからも定期的にメンテナンスお願いします! しらひげ


北京での86セッティング

現地産のエキマニ、センターパイプ、マフラーと元々付いていたエアクリーナーキットがオイルクーラーが装着出来ないので、HKS 製に変更。この車はレースに出ている方の車輌で去年も夏にセッティングは終えてるのですが、エンジンを交換してエアクリーナーも変更した為リセッティング。前回の夏場では195PSで今回は205PS、トルク22.7kgとなりましたが外気温の差が前回に比べ10℃差があるので実質なパワーアップは5PSくらいでしょうか?それでも今日は外気温データ24℃ではそこそこパワーは出たのではないでしょうか?ユーザーさんは今月レースですので頑張って貰いたいですね。 

         

Newer Entries »