ニッサン VQエンジンセッティング

インフィニティQ50のセッティング依頼で、フルノーマルからの吸気系及びエキゾーストの変更及び現社合わせでのセッティングでした。
まずノーマルで12回計測し、熱ダレ等も検証しておきました。
意外と熱ダレによるパワーダウンも少なく安定した数値でした。RX-8なんかだとエンジンの熱ダレによるパワーダウンは顕著だから、タイムアタックするときはできる限り早めのラップでアタックしないと大きくタイムが落ちます。
で下が今回計測した12回計測した平均値が
322.34PS/7332rpm
37.26kgfm/5476rpm
そして吸気系と排気系を交換し、セッティングを徐々に煮詰めていきました。
一般的に北京では95オクタンというのが日本のハイオクに属するのでどうしても日本のハイオクセッティングで合わすとリタードが入る量が多くなり、古い車でリタード機能の無い車やフルコンでノックセンサー入力してない車両だとノッキングが出てきます。
また難儀なのが地方地方によりガソリン品質にかなりのばらつきがあるということ。
これに関しては、セッティング前に普段乗る場所でのガソリン満タンにしてもらいセッティングをとる方法を取っています。
それとECUTEKでセッティングを行う場合、ECUTEKの機能にある4つの異なるマップを先に制作しておき、それをセッティング時にロギングしながらどれが一番良いかを決めれるので、フラッシュロムの難点であるリニアにマップ変更が出来ないけど、4回ダイナを回せば4種類のデータが取れるのでセッティング時間の大幅な短縮ができるうれしい機能。
バルタイの合わせ込みに今回少し時間はかかりましたが特に低回転時のトルクは大幅に向上! これだと特に街乗りなんかだとかなりの体感があるし、トルクフルで乗りやすいでしょう。
グラフの1番下のマゼンタ色の線がノーマルです。
グラフでもわかる様に3000rpmから5000rpmのトルク出力が大きく変わってますよね。
最終的な数値が1番上のオレンジ線
364.30PS/7420rpm
41.46kgfm/4546rpm
と良い結果が出ました。
  • 車両仕様
吸気系・ injenインテークキット
排気系・CGWフロントパイプ&Y字パイプ/フジツボリヤマフラー
計測時データ
温度28.1℃
湿度3%(さすが大陸!乾燥してる)
気圧1003.43mbar