MAZDA RX-7 前置きIC+純正タービン

チューニングRX-7を購入されて約1年。

初回のご入庫当時からECUセッティングをおススメしてきました。
理由は、特に社外ECUが装着されている中古のチューニングカーの場合、
どんなECUセッティングになっているかわからない為です。

もしかすると…
前オーナー様が売却される際にECUセッティングを行った車両の
仕様とは違う仕様で売却されたかもしれない。
セッティングから、かなりの時間が経過している。
別の車両のECUに付け替えているかもしれない。
など新オーナーでは分からない状態になっている可能性がある為です。

納車後特に、違和感がなければ問題ないとは思いますが、
それは「思います」程度で「大丈夫だ」との確証は持てませんよね…。
万が一があれば、最悪はエンジンブローなどの高額出費になる
恐れもあると思います。

今回のご入庫では、点火系リフレッシュ、HKS LAクラッチへ交換、
オイルクーラーコア交換と合わせて、フロントパイプの交換と、
HKS EVC 7の取り付けを行いました。

早速ECUセッティング開始!!

車両の仕様は、
<吸気系>
・剥き出しタイプ エアクリーナー
・前置きインタークーラー
<排気系>
・A.C.E+フロントパイプ
・メタルキャタライザー
・社外マフラー
<エンジン系>
・ノーマル
<過給機>
・ノーマル
<フューエル系>
・ノーマル
<電装系>
・パワーFC
・EVC7

ブーストコントローラーにEVC7を使用した為、
A/B/C/Dと過給圧を4つ設定しました。

Aモード(赤実線):0.7kPa
312.476PS/6484rpm
38.104kgf・m/4851rpm

Dモード(青実線):1.0kPa
373.785PS/6234rpm
45.795kgf・m/5665rpm

しかし、1.0kPa時には安定しない(画像赤丸)症状が出ていたために
マップをセッティングしました。

ご覧の通り、他のモード同様に滑らかなグラフとなりました。

セッティング中に大きなトラブルが出なかったものの、
ブローオフのトラブルを発見しました。
もちろんこちらも修理してお納めしました。

2020.6.26