MAZDA RX-7 常時ツイン仕様

鈴鹿サーキットをメインに走られているRX-7。

不運なエンジンブローから他店にてリビルトエンジンに載せ換え、
慣らしが終わったとの事で弊社へECUセッティングの入庫です。

 

早速セッティング前点検から、作業開始。

Vマウント化やラジエーターはDIYで行なえるほどの
「サンデーメカニック」でフロントフェンダーも
自身で交換されたそう。

各部装着パーツの確認とパーツの機能確認を行い、
エンジンコンプレションも問題なくセッティング開始!

☆仕様☆
13B-REWノーマルエンジン+ノーマルタービン常時ツイン仕様
・GReddy エアインクス
・ユーザー様オリジナル Vレイアウト
・TOMEI フューエルポンプ 255l/h
・社外フロントパイプ+ストレートパイプ+HKSサイレントハイパワー
・A’PEXi パワーFC

過給圧の制御はパワーFC側で行う仕様で、1・2で過給圧を
設定しています。
しかし、現状では過給圧の制御が出来ない事が判明。
そこで急遽ブーストコントローラー(GReddy Profec)の取り付けを
行い、無事にHiとLoの過給圧の設定を行えました。

◆A.C.E+現車合わせセッティング◆ 
“A.C.E+ ADVANCE ECU P-FC(ノーマルタービン 常時ツイン)
  337.274PS/5899rpm
  44.590kgf・m/5150rpm
※赤色:ADVANCE ECU 緑色:他社セッティングデータ 紫色:ノーマル過給圧

セッティング前より馬力は+15PS向上しましたが、
ピークを過ぎてからがなだらかに降下させている為、
ドライビングフィーリングで体感できるものと思います。
トルクのグラフではピークの数値はさほど向上しませんでしたが、
全域でトルクが向上しており、特に約4000rpm前後のトルクの掛り方を
改善できた事で、こちらでも体感はしていただけると思います。


また、ノーマルの過給圧でも馬力/トルク共に
新車時カタログ記載数値(3型)よりも向上させる事が出来ました。

セッティング中に気になった点を数点お伝えしておりますので、
また次回以降の課題ですね!

2019.4.21 梶原