MAZDA RX-8 後期 

これまでは前期型RX-8にお乗りで、最終型RX-8 スピリットR
に、代替えされたそうです。

車両コンセプトは、「ノーマル状態でスポーツ走行を楽しみたい」
という事で、足廻りのみ車高調を装着されています。

代替え後も前車同様、車高調のみのチューニングでスポーツ走行を
楽しまれていたそうですが、これまで乗ってきたRX-8に比べ、
低速域でのトルク感は増しているが、加速感やスロットルレスポンス
に不満を持たれ、ECUチューニングに踏み切りられました。

☆仕様☆
・13B-RENESIS ノーマルエンジン
・吸気/排気共にノーマル

◆A.C.E+現車合わせセッティング◆
“A.C.E+ ADVANCE ECU SE3P (現車合わせセッティング)”
・セッティング前(緑色破線)
186.371PS/8501rpm※スピードリミッター有
17.414kgf・m/6155rpm
・セッティング後(水色実線)
202.995PS/8510rpm
19.496kgf・m/6142rpm

*結果*
特に、排気系がノーマルの為に、大きく出力の向上には至りません
でしたが、全域に渡って馬力・トルク共にUPさせることができました。
しかし、実用域である3000rpm付近のトルク向上は街中での
ドライビングを楽しくさせてくれるばかりか、スポーツ走行では
コーナーの立ち上がり時に差が出るものと思います。
また、VFAD(バリアブルフレッシュエアダクト)、APV(オグジュアリポートバルブ)、
VDI(バリアブルダイナミックインテーク)の作動タイミングを変更させ、作動時の
落ち込みの低減と、出力を向上させました。

〇オーナーレビュー〇
吹け上がりがよくなってアクセルレスポンスが良くなった気がします。
気のせいかもしれませんが。
それと、これまで2速にダウンしてクリアしたコーナーも
3速のままでコーナー侵入してそのまま立ち上がれます。
少しトルクも上がって、さらに扱いやすくなりました。
ただし、トルクアップしたせいかギア比が上手くあわず、
2−3速の間が欲しいです。
欲を言えばもう少しパワーが欲しい。
吸排気系は換える予定はなかったのですが…
ちょっと考えてしまいます。

との感想をいただきました。
エキマニ+スポーツキャタライザー+マフラー交換で
もう約10ps程向上が狙えます。

弊社ではDynapackを使用したECUセッティング時には、
上記画像のような‟セッティング前”と‟セッティング後”
のグラフをお渡ししており、ECUセッティングによる差はもちろん、
チューニングパーツ取り付け後にはチューニングパーツ取り付け
による効果も目で分かる方がいいとの思いがあります。
セッティング後だけのデータでは、「どのくらいECUセッティング
によりアップしたか」が不鮮明になると思っています。
それに加え、セッティング担当から「ECUセッティング仕様書」
を元に、セッティングを行った箇所/内容を細かくご説明
させていただいております。
専門的分野になる為に、専門用語が多く全ての内容をご理解
されるのは困難かもしれませんが、出来る限りご理解
いただけるような表現でご説明を行っています。
決して安くない費用を支払っていただき行わさせて
いただくチューニングです。
オーナーさんには、出来る限り自身の車両の仕様を
理解していただきたくそれらの事を行っております。

2020.9.10