MPV セッティング



MPV 23Tモデルのセッティングですが、この車ノーマルでもかなり速いんですよね!またオーナーが某オイルメーカーの営業車両w

そこで、もともと速いけど、もっと速くしてくれ!!でも燃費は営業車なので、燃費は悪くなってはダメ!とのこと

仕様はノーマル交換タイプのエアクリーナー以外はすべてフルノーマルでのセッティングでしたが…



赤線グラフがセッティング前のノーマル
青線グラフがセッティング後です。

ノーマル 184.3PS 26.3kg/m から
     224.4PS 31.7kg/m となりました。

たいしたことないですよね(笑)
でも実はブースト圧あげないでの数値なんですよ。



ターボ車はパワー上げるのは簡単…と良く聞きますが、それはブースト圧をあげての事を言う人が多いです。実際にそのような手法も弊社もタービンの許容量とエンジンの耐久性などを考えて、ブーストアップを行います。例えばFDなんかだとノーマルより2 3割程過給圧を変更します。

でも今回はあえて、皆さんにもわかりやすく説明出来るようにノーマル圧での比較及びセッティングをしてみました。今回の車輌はノーマル圧が約1.1k付近でしたので、圧は上げずに高回転のタレを安定させ、その他の部分でセッティングしてみました。グラフを見ればわかると思いますが、実際に計測した時はノーマル圧より少し低い値(ノーマル1.13k セッティング 1.07k)でしたが、計測結果は良い数値が出ましたねw

全体的に下からトルクも出てるので街乗りもしやすいし、このような方法でセッティングすると燃費も悪くなりません。勿論セッティング後良く走るようになって、気分的にアクセルをがんがん踏んでしまえば、燃費は悪くなりますよ(笑)

もし興味がある方や他でセッティングしたけどどうも…。。という方がおられましたらお気軽にご相談くださいね!全部ではないですが、外車などの車種もセッティングを行えますので!!