TOYOTA 86 HKS FA20 2.1L KIT&GTⅢ-RS

ワイド化され、数々の空力パーツやワンオフパーツでチューニングを施された86。

エンジン系は吸排気&ECUセッティングにてチューニングを行ってきたそうですが、ステップアップとして、排気量アップ&ターボ化を決行!!

イベントやコンテストで多数の賞を受賞している車両だけに、迫力あるエクステリア!

今回のエンジンチューニングでは、「ハイパワー且つ壊れないエンジン」をテーマに作業開始。

ハイパワー化には、「排気量アップ」「過給機装着」の2つの方法があり、手っ取り早いハイパワー化には「過給機装着」!
86&BRZでは定番のスーパーチャージャーも検討しましたが、今回は未だ86&BRZでは「定番」でないターボ化に。
ターボキットは、性能に定評のあるHKS GTⅢ-RSタービンに決定!

ですが、86のFA20はNAエンジンの為、過給機装着によるエンジントラブルのリスク低減のために、エンジン強化にも着目。
・排気量を2.0Lのままで、強化するか…
・排気量アップKITを用いて強化するか…
HKS FA20 2.1L KITを用いれば、シリンダー加工を行うことなく排気量アップが行え、エンジンパーツが強化される事から、コスパに優れる2.1L化に決定!

結果、今回のハイパワー化では「排気量アップ」と「過給機装着」のどちらもさせていただくことになりました(^^)/

エンジン本体は、シリンダーブロックの加工は行わずオープンデッキのままで2.1L 化ですが、

メイン&ヘッドボルトは強化品に。

ヘッドガスケットはt=0.8mmを使用。

今回はラジエーターもアルミ2層式へ。

エンジンラッピングもご依頼いただいた為に、早々にセッティング開始!

☆仕様☆
・FA20 HKS2.1L KIT+HKS グロメットタイプガスケット t=0.8mm
・ARP 強化メイン/ヘッドボルト
・HKS GTⅢ-RS BOLT ON TURBO KIT PRO
・A.C.E⁺ φ70スロットルアダプター+φ70スロットル
・HKS フューエルアップグレード
・SARD 255L/hフューエルポンプ
・HKS EVC6-IR 2.4

◆A.C.E+現車合わせセッティング◆
“A.C.E+ ADVANCE ECU ZN6/ZC6 Step.8”
  1.2kg/c㎡(青破線)
  422.057PS/7085rpm
  46.301kgf・m/4614rpm
  0.9kg/c㎡(緑実線)
     373.321PS/7157rpm
  40.281kgf・m/4557rpm
インターセプトは、0.9kg/c㎡で3,700rpm付近、1.2kg/c㎡で4,000rpm付近です。

タービンの性能的にはまだまだ余裕がありますが、シリンダーブロック及び駆動系など考慮し今回はMAXブースト1.2kで通常0.9kの仕様としました。

一般的に大パワーFR車両での普段乗りではホイールスピンがあまりにも多くなり乗り難くなることがあります。
よって今回はエンジンに対するセッティングとは別に、前後ホイールの回転スピードからスリップ率を計算し点火時期とスロットル開度を調整するA.C.E⁺独自のトラクションコントロール機能も付与しました。
マップも3種類用意して走行シーンに合わせて有効に使っていただけると思います。

オーナーさんは既に次のステップを模索されており、86のチューニングは果てしなく続きそうです( *´艸`)

2020.2.28 梶原