TOYOTA 86 A型 AT

こつこつDIYにてチューニングを行ってこられた86ですが、
ECUセッティングには以前より興味を持たれておりました。
「折角ECUセッティングを行うなら、エキマニを交換してから…」
との思いを持っておられ、この度「エキマニ交換を行った」との事で、
念願のECUセッティングを実施しました!

吸排気交換の一般的なライトなNA仕様です。

やはり、86/BRZ界隈では度々話題に上がる、“3,000~4,000rpm付近でのトルクの谷”をどこまで解消できるか。
次のステップは過給機を視野に入れているが、この仕様でどこまでパワーを出せるか。を課題にいただき、セッティング開始!

弊社でECUセッティングを行う場合には、ECUのIDをアップデートを
行った後に、ECUセッティングを行います。
所謂「リプロ」ですが、この車両の場合‟ZA1J700B”(赤枠内)
を使用していました。
これをこの車両に対応する一番最新のIDにリプロしました。
※黄枠内はこの車両に対応するECUのID
この作業は特に行わなくても問題はありませんが、メーカーが行う
アップデートの為、ECUセッティングに関る箇所以外がアップデート
されている可能性があることから、可能な限り行っています。

気象条件もセッティングデータを見るときには需要ですよね。

☆仕様☆
・FA20 ノーマルエンジン
・BLITZ ADVANCE POWER AIR CLEANER
・HKS SUPER MANIFOLD with CATALYZER GT-SPEC
・HKS HiPower SPEC-L

◆A.C.E+現車合わせセッティング◆
“A.C.E+ ADVANCE ECU ZN6/ZC6 Step.6(現車合わせセッティング)”
・セッティング前(緑色破線)
157.497PS/6315rpm※スピードリミッター有
19.206kgf・m/3377rpm
・セッティング後(赤色実線)
181.026PS/6812rpm
21.635kgf・m/3438rpm

*結果*
全域に渡って馬力・トルク共にUPさせることができました。
AT車の為、トランスミッションの馬力損失により、数値的にはMT車に
比べ7~8%ほど低く出ておりますが、MT車では200PS近く出ている
ことになりますね。
また、「谷」がほぼ解消となった為、特に中間域での差が大きく
なっている事がグラフから読み取れます。
これだけの差が出れば、ECUセッティングの交換を実感して
いただけます。

※「谷の解消」には、過去の実績やデータから、
・エンジンのコンディション
・吸排気系のチューニングパーツの組み合わせ
により、左右される事がわかります。
その為、エキマニを交換しただけでは解決しない事が多いですね…

〇オーナーレビュー〇
「乗った瞬間すぐに違いが判りました。アクセルレスポンスの
向上やトルクとパワーが全体的に上がっているため、5速以上は
必要ないのじゃないかと思うくらいに乗りやすくなりました。
数値以上にパワー感があり、高速道路などでの追い越しも
楽々でドライビングがより楽しくなりました。」
との感想をいただきました。

弊社ではDynapackを使用したECUセッティング時には、
上記画像のような‟セッティング前”と‟セッティング後”
のグラフをお渡ししており、ECUセッティングによる差はもちろん、
チューニングパーツ取り付け後にはチューニングパーツ取り付け
による効果も目で分かる方がいいとの思いがあります。
セッティング後だけのデータでは、「どのくらいECUセッティング
によりアップしたか」が不鮮明になると思っています。
それに加え、セッティング担当から「ECUセッティング仕様書」
を元に、セッティングを行った箇所/内容を細かくご説明
させていただいております。
専門的分野になる為に、専門用語が多く全ての内容をご理解
されるのは困難かもしれませんが、出来る限りご理解
いただけるような表現でご説明を行っています。
決して安くない費用を支払っていただき行わさせて
いただくチューニングです。
オーナーさんには、出来る限り自身の車両の仕様を
理解していただきたくそれらの事を行っております。

2020.9.4