ECU価格表

メーカー別 適合/価格表

マツダ トヨタ ニッサン ホンダ 三菱 スバル   

チューニングカーでは、チューニングする喜びの一つとして、
“パワーアップ”があります。
「○△のマフラーに交換して○馬力上がった」
「◇×のエアクリーナに交換して○馬力上げたい」
など思いますよね。
ECUセッティングもチューニングパーツの一つになっています。

車両標準搭載のメーカー純正のエンジンコンピューター(ECU)には
メーカーが開発時に様々な条件
・燃費基準適合や環境性能向上
・あらゆる使用のシーンや極寒/酷暑地など気候条件
・ドライバーの年齢/技量
などを想定し、いつでもどんな時でも、
どなたでも不安や不満なく安全にドライビング出来る様に
ECUのセッティングを行っています。

その為、車両によっては特にスポーツ走行時などで、
その車両本来の性能をスポイルしセッティングされている事も
少なからずあり、「トルクの谷」や「スロットルレスポンス」等で
若干不満を持っておられるのではないでしょうか。

しかし、チューニングカーに乗っておられる大半のユーザーは
好みのチューニングパーツを装着し、自身の好みに愛車を
仕上げていくことが楽しみの1つですよね。

そこでECUも万人向けのセッティングから、愛車の用途や
チューニングの仕様に合わせてセッティングいたします。

昨今では、車両装着の純正ECUにチューニングデータを書き換える方法が
主流になってきており、純正ECUを使用する最大の利点である、
エアコンなどの「快適装備」や横滑り防止装置などの「安全装置」、
車両の不具合を記憶する「ダイアグノーシス」など、
車両に標準装備されている機能を犠牲にすることなく
ECUチューニングを行っていただけます。

また費用面では新たにECUを購入/取付する必要がない為、
チューニング費用のご負担も軽減出来ます。

 

13315431_1125400780814554_5654118770407056129_n[1]

☆作業内容の一部をご紹介いたします。(車種により異なります)

・スピードリミッターカット
 (+100㎞/hに設定 例:285㎞/hにて作動275㎞/hで復帰)
・レブリミット任意変更
 (+500rpmに設定 例:ノーマル7400rpm→7900rpm)
・ラジエター電動ファン作動温度設定
 (例:Lo:95℃→90℃、Hi:100℃→95℃)

・燃料MAP調整 
・A/F学習補正/変更
・VVTマップ最適化
 インテークカムタイミング 最適化
 エキゾーストカムタイミング 最適化
・点火時期吸気温度補正/変更
・点火時期ベースMAP 最適化
・点火時期アドバンスMAP 最適化
・ノックリタードMAP 変更
・電子スロットルMAP任意変更
 (アクセル開度→要求トルクマップ→スロットルマップ、エコモード/スポーツモード)
・アイドルスタビリティコントロールMAP変更
・エンジンロードリミッター解除
・ポート/直噴噴射量割合 最適化
・DTC解除
 etc.

13325703_1125400774147888_7382754920263328554_n[1]

◆ご希望により付与出来ます。(対応車種のみ)
・ローンチコントロール機能付与
  *発進時のエンジン回転を制限し、ホイールスピンを抑えることで素早い発進が可能です。

・ダウンシフトオートブリップ機能付与
  *ブレーキング中にクラッチを踏んだ際に一瞬スロットルを開けさせる機能です。
  *シフトダウン中にエンジン回転が自動で上がるので、ヒール&トゥ操作なしのスムーズなシフトダウンが可能です。

・フラットフットシフト機能付与
  *ドライバーがアクセルを全開にしたまま閉じることなく、そのままシフトアップが可能となります。

※2WD車の現車合せセッティングは当社所有の“Dynapack”を使用し当社サービス工場内でセッティングを行う為、実走セッティングやシャーシダイナモ使用のセッティングよりも事故のリスクが少なくタイヤの消耗もいたしません。

Dynapackにて現車合せセッティングを行った車両にはセッティング時のパワーグラフをお渡ししています。

13327640_1125400854147880_2667053152099022577_n[1]