ロータリエンジンO/H(Ⅰ)

オーバーホール 1-1 オーバーホール 1-2
エンジンを車輌から下ろし補機類の分解 各パーツの点検、必要であれば交換していく
オーバーホール 1-3 オーバーホール 1-4
ショートエンジンから内部を分解 一つ一つ丁寧に洗浄後計測していく
オーバーホール 1-5 オーバーホール 1-6
ローターもこれから洗浄作業に 洗浄後に点検した結果キズ及びロータークリアランスに問題があり今回は再使用出来ませんでした
オーバーホール 1-7 オーバーホール 1-8
コーナーシールとサイドシールのクリアランスが広いと圧縮漏れ等の原因に... 分解されたハウジング達
オーバーホール 1-9 オーバーホール 1-10
分解されたシール類 とりあえず洗浄
オーバーホール 1-11 オーバーホール 1-12
そして計測... 計測..
オーバーホール 1-13 オーバーホール 1-14
さらに計測... 計測...一番大事なのは...
オーバーホール 1-15 オーバーホール 1-16
計測に一番時間を費やします タービンに合わせてEXポートの加工を行ないます
オーバーホール 1-17 オーバーホール 1-18
   
オーバーホール 1-19 オーバーホール 1-20
シール類は専用ケースにて保管  
オーバーホール 1-21 オーバーホール 1-22
メタル類も必要に応じて10種類のサイズから選んで交換 サイドシールの調整
オーバーホール 1-23 オーバーホール 1-24
ここが重要!! また調整
オーバーホール 1-25 オーバーホール 1-26
プライマリー側のポートの拡大、タイミングの変更 やっと組み付け作業に
オーバーホール 1-27 オーバーホール 1-28
組み付けに必要なもの達 アペックスシールを入れていく作業は何とも言えない感覚
オーバーホール 1-29 オーバーホール 1-30
フロントローターハウジング側 エキセンの装着
オーバーホール 1-31 オーバーホール 1-32
インターミディエイトハウジングの組み付け 先程のフロント側と同じ作業の繰り返し
オーバーホール 1-33 オーバーホール 1-34
組み付け 温度管理もバッチリ!!
オーバーホール 1-35 オーバーホール 1-36
ハウジングボルトも入れて 完成!!
オーバーホール 1-37
補機類を組み付けいよいよ車に搭載!!