NISSAN SILVIA S15

2019年9月にエンジンチューニング後のECUセッティングをさせて
いただいたS15シルビア。

今回は、エンジンを組換えたとの事でリセッティングでの
ご入庫です!

お住まいは北陸地方で遠方からとなりますが、ECUセッティング
では弊社をご利用いただいています。

仕様は前回(2019年9月)のご入庫の時より変わっていません。
オレンジ・青は前回のグラフ、緑・赤は今回のグラフです。

緑:357.139PS 4934rpm / 52.163Kg/m 4859rpm
赤:336.626PS 5739rpm / 46.874Kg/m 4923rpm

緑:130KPa / 赤:160KPaですが、グラフを見ていただくと、
立ち上がりが良くなってることが判ると思います。

ピークパワー的には大きく変わってはいませんが、トルクや馬力の
立ち上がりが早くなった事で、ドライバーはより乗りやすくなった
と感じると思います。

グラフを見る限り、カムシャフトを変更した様な感覚と同等に感じ
ますが、エンジン仕様に変化はないと伺っていますので、
バルブタイミングの変更がなされたのでは無いかと推測できます。

その証拠に、高回転域では伸び詰まってしまい、グラフが垂れて
しまっています。

これはセッティングからの感覚では、バルタイとタービンの
相性的な事も関係してくると思います。

今回も緑グラフでは357PS出ていますが、TCFは1.0での値です。

ECUセッティングは数値ばかりを求めてしまいがちですが、グラフの弧が
どの回転数からどの様に出力が出ているかが、重要だと思います。
そして、何より実際に「速く、乗りやすくなったか」が大切ですよね。

2021.10.24 梶原