TOYOTA 86 D型

5月に後期顔にアップデート!?させていただいた平成27年式のトヨタ 86。

元々はAREA86で購入し、チューニングを進める予定だったが、
AREA86の廃止に伴ってチューニングが鈍化してしまったそう…
しかし、ありがたいことに弊社にて、フロントバンパーの修理に
併せてチューニングの再開!

フルエアロにRAYSホイール&車高調で決まっていますが、
エンジン系としては排気系にローエンのチタン4本出しマフラーを
装着する以外はノーマルでした。


しかし、今回は吸気系にHKS レーシングサクション、
排気系にHKS SUPER MANIFOLD with CATALYZER R-SPEC +
HKS エキゾーストジョイントパイプを装着。
特に今回は、フラッシュエディターがセットされたECU Package
を選択せず、ADVANCE ECUでの現車合わせのセッティングですので、
装着されたチューニングパーツの機能を余すことなく使っています。

HKS レーシングサクションにはファンネル形状の「エアガイド」
といわれるパーツが付属しており、パワーフローを通過した
吸入空気を整流しサクションパイプに導いていますので、
吸気を効率良く行わせる考えられたパーツです!

☆仕様☆
・FA20 ノーマルエンジン
・HKS レーシングサクション
・HKS SUPER MANIFOLD with CATALYZER R-SPEC
・HKS エキゾーストジョイントパイプ

◆A.C.E+現車合わせセッティング◆
“A.C.E+ ADVANCE ECU ZN6/ZC6
Step.6(現車合わせセッティング)”
・セッティング前(赤色線)
178.127PS/6619rpm
20.749kgf・m/4850rpm
・セッティング後(橙色実線)
204.523PS/6985rpm
22.937kgf・m/4864rpm

セッティング当日の気候条件は、
気温31.8℃、湿度65.8%、気圧1011.74㏔でした。
セッティングは数値だけではなくBefor/Afterが重要です!
とは言っても、Beforでも今回のパーツが装着状態ですので、
パーツ装着状態からでも、どの程度変わったのかがポイントですね。
パーツ装着前からの比較ではもっと差が出たに違いありません。

今回も全域に渡ってパワー/トルク共にUPしています。
しかし4,000rpm付近の「谷」は解消しきれませんでしたが、
落ち込みはかなり緩やかになった事と、特にその領域ではパワー
とトルクが大幅にアップしている領域の為、
体感的には落ち込みは感じないんではないでしょうか。

〇オーナーレビュー〇
「トルクが上がったのか、街乗りがめっちゃ乗りやすくなっていて、
回せば上がめっちゃ回るのですごく気持ちいいです!」
との感想をいただきましたが、「NAのままこれ以上にパワーアップ
させるのには??」とご質問をいただきました。
どうやらモアパワーを求められているようですね~(笑)

2021.8.26 梶原